空気の通りの考え方

エアコン

空気の通りの考え方

エアコンを新規に購入する際に必ず検討となるのが取り付けの位置です。購入するエアコンのスペックでアピールされている内容で実は気にしなくてよいのは左右の空気の通り方です。例えば長方形の部屋で、構造上やむを得ず長辺側に取り付けをする場合、左右ワイドに空気を振ることができるものがよいとセールスを受けることがあります。しかしエアコンは基本直線に空気を流すようにできているものですのでそれほど期待通りの結果を得られないことが多々あります。ですので電源の位置や窓の一にも依存しますが、直線で空気が通りやすいところに設置するのがベストです。どうしても設置スペースがない場合は、その取り付け部屋の間取り分に空気が通るだけのスペックを持つエアコンを選んでいればそれほど深く気にすることはありません。別途送風機などがあればそれを使って空気を循環させることができます。そうゆうことを考慮するとエアコンを取り付けるときに気を付けるときは、どこにつけた方が空気が流れやすいかはそれほど重要なポイントではないということになります。エアコンを選ぶ際は、できれば電気屋さんに行くときに取り付けたい部屋の見取り図を持っていきましょう。どちらかというと電源の増築工事や室外機の位置とそれをつなぐダクトの必要な長さや目隠し処置、そしてそのダクトを通す穴を作る場所などの方が実は価格や後々のメンテナンスに影響することがあるので、部屋の状況をわかるようにして機種選びの際に意見をもらい、必要に応じて現地での確認を依頼しましょう。